scarletmiddletones18

スポンサーリンク
総合

ウィル・スミスやソフィー・ターナーなど、共演がきっかけで動物に恋した7人のセレブたち

image credit:dogsofinstagram/Instagram  映画やドラマ、はたまた舞台で共演した相手と実生活上でも恋に落ち、その後結ばれるというケースは意外にもよくある話だが、共演者が人間でなくても恋に落ちてしまうという...
総合

3歳の男の子 「メンサ」英国支部に最年少メンバーとして迎えられる、IQ142(イギリス)

image credit:Metro Lifestyle/Twitter  IQ(知能指数)が高い著名人と言えば、スティーヴン・ホーキングやアルベルト・アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチなどだが、クリストファー・ヒラタのように子供の...
総合

直径3ミリ。スイス造幣局が世界最小の記念金貨を発行、表にはアインシュタインの顔

 世界では、様々な記念硬貨が製造されている。今回、スイス造幣局は2020年の記念金貨として、アルベルト・アインシュタインが舌を出した顔を描いた硬貨を製造した。  しかし残念ながら、アインシュタインの顔が硬貨上に描かれているかどうかは肉眼...
スポンサーリンク
総合

子供たちが安全に横断歩道を渡るまでしっかり護衛する野良犬(ジョージア)

image credit:ბათუმელები • Batumelebi.ge/Facebook  盲導犬や...
総合

ニュージーランド航空が機内で提供する「食べられるコーヒーカップ」

image credit: youtube  今や、使い捨てプラスチック廃棄物削減への取り組みは、世界各地の様々な企業や個人に浸透しているといっていいだろう。  ニュージーランド航空も、環境への配慮に積極的な企業の1つだ。去年、同航空会社...
総合

これは危険!着陸を試みる旅客機にレーザーポインターを当てた男が逮捕される(アメリカ)

image credit: youtube  レーザーポインターは使い方によっては非常に危険となる電子機器だ。過去に、それを使って航空機や走行中の新幹線に照射する事件が日本でも起こったことがあるが、今回アメリカのフロリダ州でレーザーポインタ...
総合

グランピー・キャットの二代目誕生か?台湾の不機嫌そうな顔をした猫が世界を魅了中

image credit:Shiro0913/imgur  不機嫌そうな顔で一躍有名になったアメリカのグランピー・キャット(ターダー・ソース)を覚えているだろうか。  2012年に海外掲示板Redditで紹介されて以来、ネット上で話題にな...
総合

羊が人化?「ヘントの祭壇画」の修復で聖なる羊がヒューマノイド・シープに変貌(ベルギー)

image credit:Fʀ. A. J. D. S./Twitter  ベルギー北西部ヘント(Ghent)のバーフ大聖堂に所蔵されていた、初期フランドル派の最高傑作と言われるファン・エイク兄弟による油彩画「ヘントの祭壇画」の中...
総合

散歩中に出会ったぼっちの子猫、保護したところ飼い猫と離れられない仲となり家族の一員となる(ウクライナ)

image credit:mila_and_cats/Instagram  運命の出会いはある日突然やってくる。だがそれが猫だった場合には、偶然ではなく必然の出会いとなることもあるようだ。  ある女性が散歩中、森の中で母猫のいない野良の子...
総合

ビッグフットなの?どうなの?アメリカ交通局のカメラにとらえられていた二足歩行する謎生物

image credit:WSDOT East/Twitter  ヒマラヤのイェティや、アメリカのビッグフット(またはサスカッチ)などの猿人系UMAは世界各地で目撃情報も多く、もしかしたらいるのでは?という希望が捨てきれない。  長年様々...
総合

空のペットボトルを入れると地域動物の餌が出てくるマシーン。町ぐるみで動物との共生目指す(トルコ)

image credit:pugedon/Instagram  野良猫や野良犬にやさしい国として知られている中東トルコ。特に首都イスタンブールでは、住民、当局、獣医師らが一体となって、地域動物との共生を目指し、積極的に保護活動を行っている。...
総合

夜空にオレンジ色の閃光が何度も点滅。謎の発光現象が確認される(アメリカ)

 オハイオ州クレモント郡の夜空に、ミステリアスな現象が発生した。オレンジ色の光が夜空に大きく現れ、ゆっくりと点滅したのだ。  電力会社の爆発かもしくは落雷? ひょっとして隕石なのか!?目撃した人々は、様々な疑問を抱いたようだ。いったい、...
総合

メタラーの教育は早期から。フィンランドには子供向けのメタルバンドが存在する。

image credit:hevisaurusofficial/Instagram  北欧といえば、スローライフやオーロラ、美しい自然、洗練されたインテリア家具などのイメージを持つ人も多いだろう。  その一方で、北欧人はロックミュージック...
総合

かわいみがすぎる。アニメのようなキラキラな目を持つコッカー・スパニエルの子犬にSNSがざわざわ(イギリス)

image credit:winnie_thecocker/Instagram  犬は、どんな犬でもみんな違ってみんな良く、飼い主にとっても飼っていると愛情が湧いて、どんな子でもかわいいものだ。  しかし、イギリスに住むカップルが飼ってい...
総合

野生のピューマにロックオンされた女性の危機を救ったのは、メタリカ!(カナダ)

IanZA/pixabay  森の中でクマさんに出会ったら誰だって怖かろう。後からついてこられたら絶望しかない。だが、自然豊かなカナダでは、クマ以外にも強い肉食獣が潜んでいる。  カナダの森の中で、愛犬の散歩中に女性が遭遇したのは、なんと...
総合

中に釘の入った「魔女の瓶」が発見される。悪霊を追い払うために北軍の兵士が使用していた可能性(アメリカ)

image credit:spiritus_arcanum/Instagram  2016年、アメリカのバージニア州にある高速道路中央分離帯から、ガラスの瓶が発掘された。  考古学研究所スタッフがその瓶の研究をしたところ、南北戦争(186...
総合

掲示板の呼びかけで実現、これが「地球サンドウィッチ」だ!

image credit:etinaude/Reddit  地球は丸い。だからこそ自分の住んでいる場所と正反対の位置にある場所がどこなのかを考えることは、ワクワクするしロマンがある。そして、実際にそれを確かめてみたいと思う人によって「地球サ...
総合

体半分が泡で埋まる。スペインの港町を襲った冬の嵐による「波の花」現象

@jordana_joan / twitter  オーストラリアの未曽有な森林火災、カナダの豪雪、米フロリダ州では寒気によるイグアナ落下など、世界各地で気候変動の影響と思われる様々な事態が起きている。  そんな中、スペインでは冬の嵐が襲来...
総合

岩穴にはまり込んでしまったアザラシ、辛抱強く人間に救助されるのを待っていた(イギリス)

 今月1日、海辺の岩穴に入った1頭のアザラシが発見された。一見、何も問題がないように見えたそのアザラシは、実は穴から抜けられず見動きができなくなっていることがわかった。  アザラシは保護協会のスタッフが救助に駆け付ける間、ボランティアの...
総合

ウェザー・リポートが出没したのか?「イグアナが降ってきます」アメリカの気象局が注意報を発令した理由とは?

ArtTower/pixabay  ジョジョの奇妙な冒険 第6部に登場したウェザー・リポートは、4ブロック以上のエリア一帯をカエルの雨で埋め尽くしたと言われているが、まさか彼の仕業、とでもいうのだろうか?  アメリカ・フロリダ州の国立気象...
総合

父親の持ち物を天井に貼り付けるというドッキリをしかけた息子、父親はいつ気が付くのか?

image credit:SeamanTheSailor/Reddit  探している物が見つからない時…それは最も腹立たしくイライラが募る瞬間ではないだろうか。いつもの場所にあるはずのリモコンが見当たらないと思ったら、ソファの隙間に入り込ん...
総合

「これじゃ売れない」とブリーダーに拒否され施設に預けられたハスキー、ついに永遠の家が見つかる(アメリカ)

 犬だって猫だって、1匹ずつ個性が異なり容姿も異なる。ユニークな子がいたって、みんな違ってみんないいのだ。しかし、そのユニークな容貌が原因で、ブリーダーから「売れないから要らない」と拒否されてしまった1頭のハスキーがいた。  その犬は、...
総合

煙突から留守中の家に落ちてきたリスが新築の家を破壊しまくっていた(アメリカ)

CarinaHofi/pixabay  去年12月に新居を購入したというアメリカのジョージア州に住む夫妻は、クリスマス休暇で1週間ほど家を留守にしていた。  事件はその時に起きた。セキュリティーアラームが作動したと夫妻に通知が来たのだ。友...
総合

半世紀ぶりの猛吹雪で大雪に見舞われたカナダ。その驚くべき光景とユーモアのあるカナダ人が大雪と向き合う方法

image credit:SouWesterSoul/Twitter  気候変動の影響で、世界各地では極端な気候が発生している。1月半ば過ぎにカナダのニューファンドランド・ラブラドール州は猛吹雪に見舞われ、大量の雪が降った。  同州のセン...
総合

航空会社が機内食を販売する地上レストランをオープン。目標は5年間で100店舗(マレーシア)

image credit:juwita_anne/Instagram  機内食というと、非日常であり気圧の関係もあってか、あまりおいしいイメージがないというのが一般的意見だが、マレーシアに拠点を置く格安航空会社「エアアジア(AirAsia)...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました