スポンサーリンク

ロード・トゥ・常識猫 20210124

ねこ画像
我が家の次男坊猫にして常識猫の時雉。先天的な性格に加えて、やはりその成長過程と環境が凄く猫格形成に多いに影響を与えたようです。ひとえに麿白先生の相手だったりもするのですけども。これはまだ少年の頃の時雉。まったく、あんちゃんにはこまったものやい。少年時雉の画像は、なんかこういう表情のものが不思議と多いのです。あんちゃん…重いやい…。上に乗られる時雉。そしてまだこの頃は手加減があまりうまくできませんでした。麿白も若いのでまだ勢いでいけた事もあり。麿白のやられぷりはこの頃から名人芸の域に。むしろ、時雉の攻撃あってのこの芸でもあります。時雉がほぼ唯一?対抗心を剥き出しにした琥白さん。うちでの預かり猫にしては珍しく気の強い子だったので、ほぼ同月齢の時雉も珍しく熱くなったようです。時雉は麿白先生や曉璘の珍妙さに隠れてしまってますが、息の合う相棒がいれば光るタイプですね。初代はっちゃんとは何気にいいコンビでした。今はよきツッコミ役として頑張ってもらおうと思います。//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ
おねがいしますm(_ _)m 
//pa

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました