スポンサーリンク

四護のこと・再び 20201230

ねこ画像
今年の3月の終わりから9月15日まで我が家で生きた四護。もう3ヶ月も前の事というよりかは、ずいぶんと昔のことのように感じます。ずっと動画では四護の過去の動画と、うちで過ごした日のものを交えてましたが、四護の記録はあの街に生きた他の猫たちと自分自身の記録でもある事を実感した日々でした。初対面は2014年夏でしたが、2015年春にあの住宅街に展開されていた人間模様・猫模様の中に四護がすっと入ってきて、そのまま真ん中にい続けたんだなと。とりわけ、2015年に現れるまではその存在をみんな知らなかったのに、2015年以降に思いのほか多くの住民の方々がその存在を知り、そして愛されていたのを知って驚きました。その存在自体が不思議な猫でした。そして、四護の医療費はすべて、また火葬代も世話人の方にご負担いただきました。いろいろな事情が重ならなければ、そして新型コロナが流行しなければ、四護は私の家には来なかったか、また来たとしても屋内の生活に慣れた段階で世話人の方のお宅に帰る事になった可能性が高かったと思います。7月に体調が悪化して三度目の里帰りを諦めて以降、ほぼ毎週末には世話人ご家族の皆様が四護に会いに来てくれました。それが、四護のどれだけの励みになったか。いや、世話人の皆様の前では、「重鎮猫の四護」ではなく「かわいい愛され猫のクロちゃん」でしたが。私を信頼して託してくださった世話人の皆様、地域の皆

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました