スポンサーリンク

甘えん坊王子猫と甘えん坊おっちゃん猫 20201217

ねこ画像
猫エイズ陽性で猫部屋に隔離中の翡文と曉璘。猫部屋に入ってまず翡文のケージを開ける、一直線に膝に乗ってくるのでそのままてんかんの薬を飲ませてしばし膝上で甘やかすのがルーティンです。でも、そのままだといつまでも降りないので、下ろしてからチャー坊の薬などを用意。元武闘派ボス猫だったチャー坊ですが、甘える時はすっかり子猫返り。腎不全発覚後も投薬から全力で逃げるわ輸液もなかなかできないわで大変だったんですが、秋くらいからようやく受けてくれる様になり現在。それでも、最初はちょっと逃げて心の準備をしてるようです。おずおずと隠れる場所からやってきて膝のところでころんと寝っ転がったら輸液ができます。終わったらそのまま投薬、そして褒めて甘やかせるというルーティン。時間がない時は隠れてるところに輸液を持ってきてやってしまいますが、もう逃げません。ボクが甘えてるのにおっちゃんのケアするからって膝から下ろされたのです、納得がいかないのです。翡文も表情がまことにわかりやすい。そうなのです、おっちゃんと同じようにすれば一緒に甘えられるのです。いっしょに転がる翡文もそういうもんだと少しずつ理解してくれてます。チャー坊の体重も増えたり減ったりで現在3.2kg、翡文と同じ重さに。10日に一回くらい嘔吐を繰り返す日があって、そんな時は吐き気止めを打ちに行ったり薬を飲ませたり。その都度、そろそろ厳しいかなと思うんですけど

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました