スポンサーリンク

猫のうっとりポイント 20201206

ねこ画像
我が家の猫はモフられ好きです。そして、モフられたくて甘えてきます。ぶるにゃぶるにゃとうるさい時はマッサージしてほしいだよの主張である曉璘。首から胸までと頭が曉璘のうっとりポイントです。だいたい猫って手(脚)が届かないところが撫でられて好きな場所になりますけど、どこが最も好きかは猫によりにけり。翡文は頭と顔。参瑚はお腹と頭。時雉は顎下と首。チャー坊は頭と顔。四護は顔と首。つよしは顔と頭。涼珠も顔と頭。黒皇はお腹と顔。弐醐は顔と顎下。野良時代は背中を好む猫が多いのですが、それはたぶん外猫ってノミとかで体が痒いからなんだろうなと。家猫だと背中がすごく好きって猫は減るようにかんじます。麿白先生は頭と顔としっぽと、そして一番好きなのはお腹。前足も大丈夫。撫でられるというよりは自分とくっついてる安心感の方がよいみたいです。境遇や心理状態で変わるものと思います。まずは背中、次に頭、喉下や首、そして顔、胸やお腹。逆に、野良猫を撫でる時は、まずはやはり背中や頭などの痒そうなところを掻いてあげるのが鉄則になるのかなと。//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました