スポンサーリンク

元・野良への対応 20201118

ねこ画像
すっかりジャンボ子猫として暮らしている参瑚。家猫に転職して4年が経ちました。四護の他界のあと、自分が落ち込んでいるのを察知してか冬でもずっと寄り添ってくるようになった参瑚。こうして、猫たちも日々変化というか、成長をしています。ところが、参瑚も元・野良。麿白先生や時雉、曉璘、翡文のように、ほぼ家猫であろうと目される猫たちとは違って扱いには気をつけなければなりません。まず、自分以外の人間をほぼ受け付けない事。今の所爪出して攻撃などはしていませんが、病院などでは威嚇と全力の逃走は自分がいなければ覚悟せねばいかん所です。そういう意味では病院に行く頻度を上げて慣らしたいですがストレスになるのも本末転倒。第二に、甘えにきた際には割と優先させる事。外では弱さが際立ってましたけどやはり巨漢の元・野良。他猫が参瑚のヤキモチの対象になるとちょっと危ないかなと思って優先させてます。麿白時雉曉璘もそこは理解してて、参瑚がきたら割と譲ってくれます。参瑚もそれで末弟扱いに。いや今は曉璘の方が末っ子ですね。そして曉璘も参瑚には遠慮します。それを見ると、曉璘も意外と猫を見る目があると思います。第三に、投薬・爪切りなどの際は十分にリラックスさせてから行う事。本来、猫にとっては負荷のある事なので、野良上がりの参瑚は本能的に構えるし力づくではストレスになります。麿白時雉曉璘翡文はその辺問題ないのは、もう完全に気質が根っ

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました