スポンサーリンク

猫の瞳を撮る 20201116

ねこ画像
2015年6月、初めてミラーレスカメラを買ったのが時雉を保護したちょっと後でした。その辺りから、画像の雰囲気が変わってると思います。そして2015年の秋くらいにレンズをいくつか買いました。そのうちの一つが、中望遠マクロレンズ。それで猫の瞳を一時期よく撮ってました。この透き通った青い瞳は…。2015年12月に一時預かりしたときのチョコ猫さん。これは、四護。マクロレンズって撮る際は相手が動かない事が必須になるのですけど、四護は本当に被写体としていい仕事をしてくれてました。一方、阿修羅は中距離以上なら撮りやすいけど近距離だと撮れないやつでした。瞳を撮ろうとしてもここが限界。さて、この瞳は…?ヒントは、フギャー。これは麿白先生。麿白先生は瞳が普通の猫より若干奥にあるみたいで、マクロレンズで撮ってもなぜか影っぽくなってしまいました。そして撮りやすいといえばこの猫も。再開してからは一回も登場してない猫ですが…。某ターミナル駅の近く猫スポットで長年可愛がられていたパステルサビ猫のテルサ。先日、フォロワーさんよりテルサが体調を崩していつも世話してる人に引き取られたとの報せを受けました。ついに、外猫引退か。いや、引退という選択肢を選んでくれて良かった。今ではもうほとんど見知った猫はいなくなり、微妙にそのスポットの場所もスライドしてるとも聞きます。自分がよく見ていた2014年から2016年あたりのこの

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました