スポンサーリンク

ルナの手術

マンチカン
昨日、ルナは不妊手術を受けました。実のことを言うと、先月ラムが目の怪我をした頃、ルナの最初のヒートが来てしまったのですが、ラムのほうを優先していたため、ルナの手術を先送りしていました。手術はいつも執刀していただいている獣医さんにお願いしました。ロレンの往診もしてくださっている先生で、先代の犬猫の時からもう20年ぐらいの付き合い。ほとんどお友達感覚になっています(笑)手術を得意としている方で、とても腕が良く、キズも小さく軽く済むんです。午前中にルナを病院まで送り届け、午後2時頃にはもう手術も終わり麻酔から覚めて、ルナはブーたれているとのこと(笑)夕方まで様子を見るので5時頃迎えに来てと言われ、迎えに行くと、ケロッとした顔したルナがいました(笑)家に帰っても、ぜんぜん普段通り。喉が渇いたらしく水をがぶ飲みしてました。他猫のほうが、病院の匂いか手術の匂いに警戒していましたが…(苦笑)ラムにお尻を嗅がれてシャーシャー言われ、嫌がるルナ。↓Youtube動画[youtube https://www.youtube.com/watch?v=JYuo09E9s64&w=560&h=315]この先生の手術は、術後服を着せたりエリカラしたりはされません。舐めても大丈夫なほど小さなキズで、万が一 糸を自分で取ってしまったとしても平気だということです。逆に抜糸しなくて済むから、放っておい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました