スポンサーリンク

秋の到来を猫で知る 20200911

ねこ画像
もう9月も中旬ですが、セミが鳴いていたりエアコンつけなければ30度あったりと、まったく秋の感じがしません。膝上で煮崩れる翡文。でも、夏至が終わる頃から猫たちの体調や食欲に変化が出始めました。やはり、猫の体はこういうのに敏感だなと。ふむ、ぼくの苦手な季節が終わりを告げたようだね。麿白先生もちょっと右目から目やにがでたりしてましたが、落ち着いてきて動きが出てきました。さあ、ぼくにお肉をよこすといいよ。夏から秋の変わり目でもちょっと皮膚にアレルギーが出ましたがここ数日で落ち着いてきました。野良猫は秋が発情期とはいうものの、この気温だと秋の発情期は日本から消えてしまうような気がします。今の所、冬→春で体調を崩しがちなのが麿白、時雉、曉璘、翡文。秋→冬で体調を崩しがちなのが参瑚。春→夏で体調を崩す(というレベルではもうないんですが)のが四護。それぞれに傾向があり、また体の部位のよって違うようです。秋から急に気温が下がって冬になると、犬でも猫でも尿路トラブルが増えて病院がいっぱいに。今は夏めいた秋ですが、ここで台風や急に気温が下がる日は、尿や飲水に注目した方がよさそうです。//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
&

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました