スポンサーリンク

猫が言葉を話せたら 20200809

ねこ画像
一緒に暮らす猫となら、ある程度は意思疎通はできるし言いたいこともだいたい解るという事になると思います。それでも、やはりはっきりと言葉を話せるなら…というのは、末期の猫たちをみて思うところでもあり。昨年の夏、末期腎不全で倒れたために、面倒を見てた人たちに保護して病院で暴れたにもかかわらず、うちではおとなしくなり、そしてこの目のつよし。ようやくきたか。よろしくな、世話になるぜ。なんとなくそう言われてる気がしました。そしてその通り、大抵の治療には無抵抗。つよしの看取りの8日後に川辺の駐車場で保護した涼珠。ずっと、礼を言ってるかんじでした。言葉というか伝えたい意思みたいなのは、猫だから犬だからこうというのではなく、人間がそれぞれの言葉を持っているようにその猫それぞれだと感じます。あとはうちの猫たちの事を考え、平常時は「甘えたい」「かまって」「腹減った」「トイレするよ」くらいなものですけど、病気やその先のときですよね。いまそれを聞いても、それを返す言葉というか意思を持たないのはしょうがない事ではあります。ただ、自分が知りたいのは、「されて一番嬉しい事」と「されて一番嫌な事」。いずれくる最期のときには、それに従おうと思ってます。幸いというべきか、麿白、参瑚、曉璘、翡文に関しては、外で怪我したり衰弱した所を保護してるため、それぞれにその「最も嫌な事」が明確です。共通するのは、ひとりでおいていかれ

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました