スポンサーリンク

参瑚の保護を繋いだ猫の話 20200806

ねこ画像
飛び飛びだったりもするんですけど昔のデータの整理をしてて、2014年8月まで差し掛かった時のこと。6年前の夏に、ふとある印象深い猫の画像がありました。その猫は、猫の公園を巡回してた早朝にあるお宅の前で突如懐いてきた小さな猫。最初は子猫かと思ったんですが、被毛の柔らかさと按配とだみ声から、高齢の飼い猫の様子。そこで撫でてるとある高齢の御婦人が餌をあげにきて、話を聞いてみました。この猫はこの家の飼い猫だったけど、この家に住んでた方が入院して空き家になり、飼い猫が外に出てきた所を餌をあげにきてるとのこと。同時に、飼ってくれる人を探してるとのことでした。そこでTNRの話なども出てきて、その高齢の御婦人のお宅周りにいるという野良猫たちを去勢・避妊する事になりました。その際は、御婦人と同居してる息子さんと話を進め、猫の捕獲と避妊手術を完了。その縁で、その息子さんがされてる仕事周りのお手伝いもさせていただく事にもなりました。他にも、その御婦人が気になってるという、ある敷地の猫親子を保護して保護団体の力を借りて里親探しをしたり。さらに何か猫のことやPC周りのトラブルがあったらその方から色々と相談を受けるようになりました。そんな事がありつつの、2016年3月17日の夜。その人から、「うちの車の下に怪我した猫がいるんだけど、保護できないか」との連絡が。いざ、捕獲機をもって原付で向かうと、その車の下の猫

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました