スポンサーリンク

できるケアとできないケア。~小さな小さなベガのこと。

メイン・クーン
いつもご訪問&応援ありがとうございます♪ 療養中のベガ、検査結果を待っていました。夕方、石神井公園動物病院さんからお電話いただきまして。先天性の門脈シャント(以下PSS)の可能性は否定された、とのこと!「一応・・喜んでいいんですよね?」そんな言葉が出てしまうのは、PSSの否定=異常なし!ということではなく、むしろ何が原因で成長が遅いのか、原因不明・・ふりだしに戻ってしまったから。 もちろん、PSSでないことは喜ばしいこと。確定していればCTを撮ってオペ・・ということになりますから、小さな体には非常に負担です。  同胎の、同じ女の子のスピカと比べても、半分の体重しかありません。もちろん痩せてしまっているのもありますが、大きさもこんなに違う。小さくて可愛いんだけど、もはやそんなこと言ってる場合じゃないっていうね。 でも、金曜の受診時から、体重は3日間で40g増えました!嘔吐と下痢も一度もなく過ごせたので、給餌量増やしても大丈夫かな?みたいな。そしたら再診までもう少し増量ペースが上がるかも・・! 「つーん。。」「おばしゃんがカメラむけるからスピカおねーたんおくにいっちゃったの」 相変わらずよく眠るしじっとしてるんだけど、食事や排泄のためにケージの段差を降り、また昇り、という動作はふらつきもなくとても軽やか。シリウスに絡

リンク元

メイン・クーン
スポンサーリンク
necoをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました