スポンサーリンク

アイカラー (^_-)-☆

メイン・クーン
 ニキータの仔猫の目色は・・・ 生まれてまもない仔猫の目色は、猫種に関係なく すべて青色の目をしていてキトンブルーと呼びます成長するにつれて目色が変化するのは仔猫の体内にあるメラニン色素が関係猫が生まれた当初は、メラニン色素が働いていない影響で青色の目になっていますが 生後1ヶ月を過ぎると、メラニン色素が働き始め 生後2~3ヶ月頃に本当の目色に変化 猫の目色が異なるのは、目の虹彩と呼ばれる部分のメラニン色素の量の違いです 青系の色は、サファイヤブルー、ブルー、アクア青色の濃さの違いですママのニキータは ブルーアイですが この分け方だと アクア最も薄いカラーになります目の色が青く見える猫は、メラニン色素をほとんど持っておらず青く見えていますが、本来の目色はほとんど透明透明の目が青く見えるのは レイリー散乱と呼ばれる現象で、猫の目に含まれるメラニン色素が波長の長い光を吸収し、残った光だけを人間が認識するのでブルーに見えます空が青く見えるのと同じ原理です。緑系の色は、グリーン、ヘーゼル黄色系の色は、イエロー、ゴールド褐色系の色は、オレンジ、カッパーオッドアイと呼ばれる色は、片目ずつで色が違う目他に 珍しい ダイクロックアイと呼ばれるものがあり、これは一つの目の中で、色が2色に分かれている目色アルビノと呼ばれる、先天的にメラニン色素を作れない遺伝疾患にかかった猫の目の色は レッドですニキー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました