スポンサーリンク

それに比べりゃ真菌なんて!~”FIPに勝つぞ!その名も「おかっぱP太郎」”

メイン・クーン
いつもご訪問&応援ありがとうございます♪ 不治の病が治療可能になる。それは真っ暗闇に射す一筋の光。患者が人間だろうと猫だろうと家族もそう感じるはず。でも、その先にまた立ちはだかる壁・・莫大な医療費。 人間の新薬開発のニュースを見ると一般人には現実的ではない薬価‥0の数。 FIP新薬も、高額な上に再発の可能性もゼロじゃない。 我が家で一番大きいのはヴァレっち。 「7㎏あるけどデブじゃないよ~!」  万が一発症したら薬代だけで150万円を楽々超えてきます。なんだかんだ200万くらいかかるんじゃないかなぁ、と。うちはお金持ちじゃないごくごく普通の家庭だから200万は大きな出費です。でも・・そうなったら必ず治療するよ。がんばるよ。   おかっぱPは治療のためにねこけんに戻ってきました。 生きるために。 リターンの話を聞いた時は驚きましたが。状況も考え方も色々なのでまぁね、って感じ。  発症したら死を待つしかないのはFIPだけじゃない。それでも、少しでも穏やかに過ごせるように1分1秒でも長く生きてほしくて懸命に治療してくださったご家族の皆様には感謝しかない。  一番最近では・・ まだ家の中にいる気がする、死んでないって夫が言

リンク元

メイン・クーン
スポンサーリンク
necoをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました