スポンサーリンク

似ている猫ふたり 20200320

ねこ画像
オス三毛の翡文は猫エイズかつてんかん持ちという事もあり基本ケージ隔離です。そして自分がいる時はケージから出して投薬の各種ケア、おもちゃ遊び。出しても広いスペースで走り回るという事もなく転がってます。それより甘える方を優先させる翡文。膝に乗り撫でられると指をずっと舐めます。この感じが麿白先生がひとりだった頃によく似てます。ふむ、甘えにきたよ。時雉や参瑚がきてから結構態度は変わったかなと思いますが、最初は子猫だった事もあって非常に甘ったれでした。その名残は今でもあって、翡文同様によく指を舐めます。麿白の場合はうっかり甘噛みしそうになるというのもあり。タイプ的に麿白と翡文は似てるんだろうと思います。翡文の珍妙化もそういう周波数が合っているからの可能性が。やはり遺伝子ゆえか、体格の小ささと言い童顔と言い途中で成長が止まったように見える翡文ですが、順当に成長していたら三毛麿白みたいになっていたかもしれません。//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ
おねがいしますm(_ _)m 
//pagead2.googlesyndication.co

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました