スポンサーリンク

約5300年前のミイラ、エッツィ(アイスマン)は最後の日々をどう過ごしたのか?コケ類の分析で新事実が判明

総合
image credit:Thilo Parg / Wikimedia Commons
 およそ30年ほど前のことである。ふたりのドイツ人ハイカーが、アルプスのエッツ渓谷をハイキング中に怖ろしい光景に遭遇した。
 信じられないことに、人間の凍った遺体を見つけたのだ。
 のちに、この遺体は非常に状態のいい約5300年前の男性のミイラだったことが判明。アイスマン( エッツィ)と呼ばれ、数多くの研究がなされている。
 偶然の発見ではあったが、先史時代に生きた人がどのような生活をしていたのか非常に貴重な事実を現代の私たちに提供してくれることになった。
 特に研究者たちの興味をひいているのが、エッツィの「最後の日々」についてである。
続きを読む

Source: カラパイア

リンク元

総合
スポンサーリンク
parumo 2をフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました