スポンサーリンク

ベテラン子猫、保護した年 20210415

ねこ画像
現在、膵炎と思われる症状で体重が5.8kgまで落ちてしまった参瑚。負傷して動けなくなって保護した時も、体重が5.7kgと6kg以下でした。家猫生活を始めてからあっという間に体重が増えてしまい常時6kg台に。最大で確か6.9kgくらいまで増えてしまったはず。置き餌をやめてダイエットしてだいたい6.2から6.4kgで安定してましたがそこからはずっと減らずにいました。2016年頃は麿白先生も参瑚にちょいちょい仕掛けて参瑚も軽く乗ってた事があったように思います。さすがに参瑚のパワーはシャレにならんので、あかんなって時はすぐに止めてたら参瑚は怒られてると思ったのか麿白先生の仕掛けに乗らなくなりました。時雉の名人芸が光ります。2016年秋冬から今の基本の症状である軽い膀胱炎と腸炎は見せていて、そこで検査してもらった時に言われたのが膵炎の可能性でした。そこからは膀胱炎と腸炎はなる早な対応、血液検査で異常なしを確認はしてて、体重も維持できてて大丈夫かなとは思ってたんですが。この時が一番体重が重かった頃のきなこもちボディ。抱っこした時に萎んだとは感じたんですが、それは輪郭と言うよりは身体の張りというか命の張りみたいなものでした。膵臓の値って、通常の猫の血液検査では相当進行しないと出てこない、膵臓の値に注目する検査はあるにはあるけど、参瑚くらいの症状の程度のをみるには信頼性がいまひとつとの事。定期検診

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました