スポンサーリンク

ただ、生きててほしかった。

メイン・クーン
いつもご訪問&応援ありがとうございます。 今の気持ちを正直に一言で書くなら「もうやだ泣きたい」です。。クッカの、最後の1匹になってしまった子猫が、ヴァロが、お空へ帰ってしまいました。ハーヴェと同じ、さっきまで元気だったのにパターン。半日ほったらかして覗いたら、とかではなく、4時間前にははおっぱい飲んでたのにパターン。なんで?どうして?何があった?っていう。。 確かに成長はゆっくりだった。出生時の体重も不安だった。でもちゃんと目が開いて、ミルクも飲めて、下痢もしてなかったのに。死んでしまった。 クッカが一生懸命に舐めていて、だから最初は死んでるなんて思わなかった。べしょべしょになっていて嫌な予感がして、そっと取り上げたら冷たくなっていた。。 この子たちのにゃん生、何だったんだろう?クッカが母性に目覚め、食欲も旺盛になり、母乳の出も良くなって、それなのに、全員死んでしまった。   シリンジで上手にミルクが飲めて、すごく可愛かった。喉の動き、コキュッっていう飲み込む音、成長するにつれ大きくなって、すごく可愛かった。 ごめんね、私じゃなく他のどこかで預かってもらっていたら、2匹ともまだ生きていたんじゃないかって、何かを見落としたんじゃないかって、もう、罪悪感でぐるぐるしてる。自分を納得させる言い訳すら見つからず

リンク元

メイン・クーン
スポンサーリンク
necoをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました