スポンサーリンク

検診(2021年3月) 20210322

ねこ画像
麿白先生と翡文の検診に行ってきました。翡文は血液検査で結果は週末くらいですね。なにさ!猫ハウスで出れない所を連れて行くなんてひどいじゃないか!逃げ隠れてもどちらにしろいくんじゃ。ウチューネコ濃度の高い二匹。やっぱり顔の系統は似てる気はします。麿白先生の尿検査で潜血反応があったのでエコーも診てもらいました。膀胱から尿路までに石があるとの事はなく、腎臓由来か細い尿管の箇所の可能性が高いとのこと。もともと腎不全発覚は右側が変形して機能してないという事だったので、上の画像ではもう腎臓はかなり小さくなっていて、左側も徐々に変形が診られるとのこと。体重は3.6kgと減ってました。潜血もあるのでちょっとこまめに診ていきましょうという事になりました。まったく、また病院が続くのかい。実にこまったものだね。食欲は変わらず嘔吐もそれほどでもなく、パッと見は普段どおりでも、昨年秋くらいから謎寝相を見せなくなってきたというのは感じてました。少しずつでも進行していくのは避けられないなと。むしろ、2018年から3年、よく頑張ってるなあと思います。一方、翡文は2.8kgと変わらず。久しぶりの血液検査だったので肛門腺から漏れてとんでもない事になってしまいました。スプレーなんか比じゃないくらいのえげつない匂い。そういやこないだ参瑚も病院で大変な事になった際、肛門腺から漏らしてました。こうなってしまうとなかなか苦慮しま

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました