スポンサーリンク

猫の減量

マンチカン
先日、人の減量について考察したので、今回は本命の、ネコさんの減量について愚考してみる。(やっぱり運動かぁ~、は → こちら)話の前に。詳しい方はご存知の通り、手っ取り早く減量させようと絶食させるのは大問題で、急性の脂肪肝(肝リピドーシス)になる確率が高くなる。今回は、急を要しない減量についての話。あくまで私見なのはご了承を。※ 追記※1ここから、本文。ここで架空のケースとして、体重5kgで適正と思っていたが、骨格から見ると太目、と医者から減量を言い渡されてしまった、タマ(仮名、♂)に登場いただこう。タマちゃんの主食はロ○カ○イ○ド○のカリカリ(375kcal/100g)。魚を咥えた猫を裸足で追いかけるような飼い主は、袋記載の給与目安65gを盲目的に与えていたが、この飼い主なら太目の猫用の目安52gにごはんを急減しかねない。※ 袋に標準と太目用の2種類の給与目安が併記されている。なので、タマちゃんはタマ 「運動するから、ごはんはいつも通り!」タマ 「でも 俺は何も悪くない! 太って見えるのは錯覚だ!」しかし、メーカーも65g - 52g=13g=20%も減らせとは、きついことを言う。体重5kgの猫が10mダッシュすると消費カロリーは4.2kcalだそうだ。なので、13g=49kcal減には10mダッシュ11.6回が必要だ。タマちゃん、運動での体育会減量は諦める。※ 追記

リンク元

マンチカン
スポンサーリンク
shah-sanをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました