スポンサーリンク

特大サイズなカニの爪

スコティッシュフォールド
 ある日のディナーに出てきたロシア産タラバガニ。   ピノくん「………。」 なんだか無言になっちゃうかほりのタラバガニは次の日に、   中身が空っぽになってピノくんのところに戻ってきました。   ピノくん「ふんふん、ふんふん。」   こういうのが来たら、やっぱりお約束の流れがありますよね?   まずは足でカニブーツ。   それから頭に乗せて兜にします。 なんだか戦国武将みたいでカッコイイです。   ぼくのところにもタラバガニの爪が来ましたが   うん、かなり大きいです。   特に顔を近づけなくても、ぷ~んと磯のかほりが漂って、   ちょっぴりフレーメンしちゃうのでした。          
Source: 青山のスコ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました