スポンサーリンク

姫と王子の猫具合 20210313

ねこ画像
我が家の甘えん坊王子・翡文。甘えるのです。お膝からは降りたくないのです。珠には猫部屋Ⅱで遊ばせたいと思うのですが、そちらには行こうとせず。甘えて転がってれば満足だそうです。問題は甘えすぎて溶ける事。王子様のご乱心、ウチューネコ講座のエリート受講生となってしまいました。そして一方。里親様のお宅ではモナ姫がやや翡文っぽくなってるとの報せが。甘えて丸まって顔が若干潰れてるモナ姫ですが、しかしそのお顔は美しい。むむっ、ボクも負けるわけにはいかないのです。思えば翡文が3月、モナさんが5月でひとつ屋根の下で同居してましたね。翡文の方がお兄ちゃんです。しかし、翡文はこの溶け具合…。我が家のほうが珍妙濃度が高いんですかね、やはり。麿白先生の顔面埋もれ謎寝相継承の中にも、顔は美しいまま。これもモナ姫の個性ですね。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
 ランキングに参加しています。1日1クリック、なにとぞ
おねがいしますm(_ _)m 
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました