スポンサーリンク

重鎮猫と元ボス猫 20210311

ねこ画像
2020年1月に保護して我が家で暮らしている釿汰と、2020年3月に保護され我が家で預かり最期の日々を過ごした四護。四護は完全隔離でもちろん同居はさせてませんが、何度かニアミスしてます。一度、ドア越しに対面もしてますがその時のデータが見つからず。実力差は歴然としていて、四護がいるから釿汰は縄張りを縮小したくらいです。直接の対決は見たことはないですが、四護を見て明らかに釿汰が萎縮してたので完全決着があったのでしょうね。当時は釿汰とチャー坊&翡文に馴らすので猫部屋Ⅱを使ってました。釿汰保護の際にも現れた四護、そして釿汰に遅れてやってきた四護。2015年春と遅い登場ながら、我が家の主要猫に深い縁を持っているまさに重鎮猫なのでした。そして何度か釿汰と四護は病院に同伴しています。これは確か6月の通院、釿汰麿白四護という我が家の3トップ同伴。互いに存在を認識してたと思います。そして麿白先生も、外にいる四護や釿汰とも会った事があります。そして四護は他界してなお我が家の護り猫に。重鎮猫は、外を引退しても重鎮猫のままです。お骨を我が家に預けてくれた世話人様に感謝ですね。四護の実質初遭遇は、2014年8月末の釿汰のTNRの捕獲時になぜか四護が捕獲機に入ってて、それ故にもう一つの名前は「誰だよお前」。この同伴などもつくづく約5年後しのロングパスだったんだなと感じます。四護には、「うちと、うちのやつらをど

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました