スポンサーリンク

猫の加齢の影響 20210310

ねこ画像
我が家の猫はみんなだいたいは中年からシニアです。最年少で翡文ですがそれも保護猫のために推定。2019年で1歳〜くらいなので恐らくは現在3歳くらい。次に若いのが時雉の6歳とだいぶ離れてますね。むむっ、この新たなるウチューヘビは実に手強いね。2014年に保護したチキュー年齢7歳と思われる麿白先生。今でも日夜、ウチューからの侵略者と闘ってます。ダイソーに潜んでたウチューヘビと格闘する麿白先生。食欲もあるし排泄も腎不全なりに通常なのですが、やはり運動量が減ってきました。あとは、謎寝相が今の所なりをひそめてます。ふむ、実に厳しい闘いだったね。ウチューヘビに絡まれてる麿白先生。2020年秋くらいからだから、エリザベスの影響も大きいんでしょうけども、やはり加齢で関節が固くなった麺もあるのかなと思ったりします。おおちびよ、グルーミングをしてあげよう。まーた始まったやい…。他の珍妙ムーブは変わらないものも多数。でもやはり、加齢の影響はそこかしこに感じます。腎不全抜きにしても人間でいうともう40歳こしてる訳だから全然おかしくはないのですけども。加齢でいうと参瑚ももう野良を3年経た上での8歳だし、釿汰も野良8年での9歳、チャー坊も似た感じですからね。みんな運動量はわかりやすく減ってるし、好みの場所でまったりしてるのが一番本猫たちも穏やかな時間なんだろうなと見てて感じます。あとは加齢とともに、人間に近くな

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました