スポンサーリンク

遺棄犯に告ぐ!現実はこれ!!~ある捨て猫さんのおはなし。

メイン・クーン
いつもご訪問&応援ありがとうございます♪ 私は愛護団体の預かりボランティアで、個人でTNRや保護活動をしたことがありません。捕獲器使ったこともないし、何なら餌やりの経験すら皆無。 団体と関係なく、一度だけ近所で猫を拾ったことがあります。家に入りたがる猫がいると聞いて、洗濯ネットとちゅーる1本で捕獲しました。   この子は、非常に幸運な猫でした。気にかけてくれる人がいて、保護できる人間につながった。探している人間もおらず、保護猫に。約3ヶ月の保護期間を経て本当のご家族の元へ。今も幸せに暮らしています。  捨て猫が適切な人間に拾われるケースなんて本当にごくごく少数です。パニックを起こし交通事故に遭う猫、山林ならそのまま飢え死にだろうし、乳飲み子がゴミとして回収されてしまったり、子猫がカラスに襲われたり、善良・悪徳問わず人間に気づかれる前に、命を落とす子が大多数だと思う。  我々保護活動者が捨て猫を保護したと発信することで人でなしが安心して捨てるのだとしたら毎回ボロクソに罵って発狂した方がいいのかとさえ思います。 これ、マジで人間のやること?  私、はらわたが煮えくり返っててもあんまりSNSで罵倒とかしてない‥はず‥なんですね?それは私が温厚な人間だからではなく、めんど

リンク元

メイン・クーン
スポンサーリンク
necoをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました