スポンサーリンク

元地域のアイドル猫、先住猫に馴染む 20210302

ねこ画像
我が家は出自も性格も全く違う猫たちが一緒に暮らしてます。元ボス猫、そして地域のアイドル猫を引退して2020年1月に我が家に来た釿汰。振り返ると、四護がくる2020年3月末のちょっと前まで隔離部屋で暮らしてました。その前に、同じく猫エイズ陽性組のチャー坊&翡文と広い猫部屋Ⅱで少しずつ対面させてました。それで、チャー坊とも概ね問題なくすんなり同居をした釿汰。チャー坊も自身が来た経緯もあってか、あまり大きな顔はしません。たまにパンチ合戦してたような気もしますが、もちろん本気でもなく。翡文にはなんだオメェ状態でしたが、まあエエわという感じ。翡文が生意気な時に睨むくらいですね。ただ、翡文と釿汰の同居のときは必ず自分も同伴してますし、チャー坊と釿汰の口内環境の事もあるので共通の器で水などを飲ませないよう翡文は基本ケージです。チャー坊と釿汰は相性が良好、翡文はまあ普通。そしてそこに気をつけてるのと、チャー坊と釿汰はそれを理解してるので大丈夫という所。最初こそ距離がつかめなかった曉璘。相性的なものでいえば凸凹すぎていいという謎な感じです。ただ、そこがうまくいってるのは、麿白先生は自分の不在中は腎不全の経過観察のためにケージに入れてるというのもあるかもしれません。曉璘もたぶん、自分がいないと態度が大きくなる気がします。一家の主猫は麿白先生、ここはみんなに徹底しているところです。チャー坊と釿汰はだいた

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました