スポンサーリンク

腎不全の元ボス猫、好調を維持する 20210224

ねこ画像
先週くらいに嘔吐をした後で吐き気どめを飲ませて腎不全も低調期かなと思った元ボス猫のチャー坊。ボス猫からまさかのナスに転職。吐き気どめの翌々日には復活してまた療法食をバリバリと、馬刺しもうまそうに食べてました。そして春のアレルギーで鼻詰まり気味の曉璘と一緒に病院へ。曉璘は体重が5.1kgに増え、目鼻以外は健康ですとの事。一方、チャー坊は体重が3.6kgと前回より200g増加。嘔吐の時期を経た上でこれはすごい。かかりつけの先生にも褒められました。ちゃんと療法食を食べて輸液も逃げずにちゃんと受けてるのが大きいのかなと。翡文も膝上で寄り添いつつ。いや甘えてるだけか。おっちゃんにはボクたちがついているのです。でも甘えるのはボクが先なのです。チャー坊が甘え倒すものだから翡文がうにゃー!とシバくこともしばしば。その際は翡文をケージに強制送還するようにしました。手を出したらあかん。チャー坊は膝上にのったり抱っこは好きではなく、こういうふうに背中を預けてくっつくのが好きなようです。輸液もこのポジションが楽なので助かります。ただ、全体的な体調がいいだけで腎機能が戻るわけではないので、これからもし体重を戻しすぎた場合の輸液の量などは常にかかりつけと相談しつつ、いずれにせよ通常時でも週一回は通院が続きそうです。そして、チャー坊が理解して投薬も通院もさほど逃げずに無理なくできるようになったというのが一番大き

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました