スポンサーリンク

猫の気配に耳を澄ます 20210218

ねこ画像
2016年まで住んでいた住居で野良猫観察と巡回をしてた頃は歩いてて猫を探して見つけるのが日課でした。公園にいる猫たちも必ず居るわけではなく、時間によっては周辺のどこかで寝てたり猫側が縄張り巡回していたり。あとはよくやってたのはTNRの下調べての個体把握。そうすると、猫の気配を感じることが重要になってきます。猫を探すようになって以来、通勤や歩いての移動中はイヤフォンで音楽等を聴く事がなくなりました。街の猫の気配を感じるのに聴覚がふさがってるのって明らかに邪魔なんですね。そして発見率等はまったくもって変わるし、猫側のこちらへの対応も全然違います。猫って、自身に注意が向いてるか否かに対して非常に敏感です。野良猫の相手をしてて、その猫を可愛がってる時とそばに人がいて会話してるときとでは猫の対応がぜんぜん違う経験をした人は多いのではないでしょうか。もともと猫の多い街の中、歩いていて「あ、いるな」と感じる方向を見ると猫がいる状態です。これは、2014年から2016年まで雨の日以外は毎日やっていた事なので、感覚のトレーニングの日々だったんだろうなと。そうすると、猫の方も不思議と自分を見つけやすくなるのか、参瑚や白サバ姉さんは屋根の上から現れてこっちにきたりしていました。今はそういう習慣がないので相当に感覚は鈍ってしまってるはずですけど、副産物なのか空気に対しては非常に敏感になってる気がします。そ

リンク元

ねこ画像
スポンサーリンク
nekokamasuをフォローする
スポンサーリンク
猫好きさんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました